バーナム効果

マーケティングに利用できる効果の中でも、文章を書くときなどに必要になるのがバーナム効果を利用したものです。
「また難しい言葉が出てきたな」と思う方もいるかもしれませんが、理解すれば簡単なものなので、こちらも利用してみましょう。
効果的なマーケティング方法になるので、知っておくと便利です。

バーナム効果とは

では、実際にバーナム効果とはどういったものなのでしょうか。
これは「もっともらしいことを言って、購買意欲を高めたり、利用価値を持たせること」を言います。
つまりどういったことかというと、例えば血液型占いや普通の占いなどにもこれは利用されています。

「血液型がA型の人は几帳面」ということが良く言われていると思います。
しかし人間の根本を見てみると、几帳面だなと思われることは誰しも持っているのです。

そこに「A型は几帳面」という情報を刷り込まれると、「自分はA型だから几帳面なんだ」という風になるのです。
つまり誰でもあてはまるようなことをいって、その気にさせるのがバーナム効果なのです。
血液型がB型の人でもそうです。

自分が自分勝手だと思っている人は世の中に溢れています。
そこの「B型の人は自分勝手な人が多い」というと「自分はB型だから自分勝手なんだ」と思うようになるのです。

マーケティングで使うのなら次のようになります。
「最近疲れていませんか。それはストレスが原因のことが多いです。」というもっともらしいことを広告などに載せたとします。

そうするとストレスで疲れていると思った方が広告をクリックしてくれるのです。
実際には誰もがストレスが溜まっていると思いますし、疲れない人間はこの世に存在しません。これらを良く利用するのがマーケティングでは有効なのです。

実際の使い方

このバーナム効果は実際に使うとなると、ちょっとした手法が必要となってきます。
もっともらしいことを言うのですが、売りたい商品や情報と絡めていくことが必要なのです。

たとえば疲れている人に「最近疲れていますよね、そういった方にはこれです。」といってダイエットサプリを広告に出しても効果がありません。
つまりしっかり関連性のあるものを利用していかなくてはならないのです。
つまりはしっかり顧客が求めているものを提供していくことが効果的で、的外れなものを紹介しても意味がないということになります。

バーナム効果は人によって変わってくるものなので、それらを利用してより一層その顧客にあった広告やマーケティングを行っていくことが必要となります。
さまざまな方法が試されていますが、文章を使ってコンテンツを作っていくときやキャッチコピーを作るときに必要になるものなので、利用してみましょう。