アンカリング効果

「アンカリング効果」についてご紹介します。
人間の認識に関する擦り込的なテクニックです。

アンカリング効果とは

これは簡単に言うと、ある価格や数字を最初に見るとそれを基準に行動してしまうという人間の行動について利用する効果です。
例えば、ある店に行ったとします。

そこには19800円である商品が売られていたとして、その時点で頭には「この商品は19800円の価値があるのだ」と認識します。
そこに「大特価13800円」などと上に記載されていたらどうでしょうか。
先に頭に19800円という数字が頭に入っているので、その分とてもお得になった気がすると思います。

そこで、頭の中には「この商品を買うならいまだ」という風に思わせるのです。
これは様々な店やブランドを扱っている店で行われている方法です。
もちろん原価や費用を考慮したうえで、その価格に設定し、そこから値引きをしているというのであれば、実際にお得になっていますし、購買意欲も高まると思います。

ここだけの話しですが、例えば原価が数万円の物を数百万円にして販売しているのも、このアンカリング効果を使っていると言えます。
良く時計屋などに行くと「59800円の時計がいまなら19800円」となっていることなどがあると思います。

その時点で頭の中には「この時計って59800円するのか、それが19800円ならとても安い」と思うのです。
実際に原価は変わらなくても、そういった効果を利用することによって、人々の購買意欲を高めるのがこの効果です。
広告でも良く利用される効果になっています。

効果の特徴

先ほども言ったようにこの効果を利用することで広告でも高い効果を発揮します。
最初に見た数値と後に見た数値の関係を利用すれば、より一層購買意欲が高くなるのです。
最近はよくマーケティングで使われる方法なので覚えておくと良いと思います。

人間の心理というのは時にはものすごく大きな効果をもたらすので、それぞれを利用してより効果的なマーケティングをしていくことにしましょう。
単純に手法を学ぶのも良いですが、人間の心理の根本を知ることが出来れば、どういったことをすればいいのかが見えてくるので、それらを利用するようにしましょう。特に商売をするときには、このアンカリング効果は必須となるので、具体的な内容などについて詳しく知っておくことにしましょう。

これを知っているのと知らないのとではまったく効果が違ってくるので、それぞれを利用していくのが良いです。
知っていれば確実に利用することが出来ますし、初心者の方でも利用できる方法なので、うまく利用しましょう。
まずは人の行動について知ると、どういった原理なのか分かり易いと思います。
自分に置き換えるのが効果的ですね。