5Fについて

競合要因についての考え方で重要なのが5Fです。
これは主に競合について考えるときに使われるものであり、これが無くては市場として孤立した状態になるので、逃げるのではなくしっかり対応していくことが必要です。

5Fの理論

5Fは何を表しているのかというと「新規参入者、供給業者、競合業者、顧客、代替店」などがあります。
それぞれについては後に詳しく説明するとして、外食チェーンなどは特にこれらについて考えることが必要です。

ネットビジネスでも同じことが言えます。
分かり易くファーストフードの店を例にすると、日本には複数のブランドがありますよね。

主に三つか四つほどあるのですが、その時点で競合業者がすでに市場にいるということになります。
また、大元のバンズやパティなどの中身、ドリンクを供給している会社があるとすれば、その供給会社も取り合う必要が出てくることになります。

さらには新規参入者もいるかもしれませんし、顧客もそれぞれついています。
また、カフェやレストランなどの他種のチェーン店などもあります。これらの事柄について考えなくてはならないのが5Fの根底にあります。

新規参入者と供給者

外食チェーンなどは営業成績によって入れ替わりも激しいです。
そこにやってくるのが新規参入者の存在であり、新規に参入してきた店は、供給業者なども似ているものを利用することが多くなります。

そうするとさらに競合が増えていくのです。
これらについて考えることは業界全体にも影響してくるので、常に警戒していくことも必要なのです。

競合業者

外食チェーンで多いのが同じジャンルでの競合です。
ファーストフード点なども同じジャンルの競合になるので、それらをしっかり対処していくことが必要となります。

万が一にでも油断すると、同業他社に利益を持っていかれることもあるので、注意しましょう。
ネットビジネスなども参入者が多いので、いつも注意が必要となっています。

顧客や代替店

これらに関しては顧客が左右するものなので、よりがっちりと顧客をつかんでおくこともマーケティングでは必要となります。
例えば他者が新商品を開発すると、もともとこの店を使っていた顧客が他社に流れることがあります。

また年齢によってもかわってくるので、高校生などはこのメニュー、会社員にはこちらというように変えていくことも必要です。
マーケティングにおいて、この顧客というのが非常に重要になってくるので、それぞれしっかり話さない顧客の獲得を目指すことが必要となります。

まずはどういった考え方がマーケティングにはあるのか、しっかり検討していくことが必要です。
これからのマーケティングの形もさらに変化していくかもしれませんので、ご注意を。