3Cについて

ここからは具体的な考え方について増えていくので、それらを利用してより戦略的に市場に参入していくことができるようになっていきましょう。
また、これはネットビジネスだけでなく、普通の会社などにも応用できるので、それぞれを把握してより効果的マーケティングができるようにしていきましょう。
それと近年は、こういった考え方を持たずにネットビジネスなどを展開している方もいるので、まずは知っておきたいものなどから話していきたいと思います。

3Cとは

その戦略的な考え方についての一つが「3C」です。
意味は何かというと、「顧客、会社、競合」の三つの英語の頭文字をとったものとなっています。
これらの三つの要素から考えていくことによって、より分解的な視点からみることができるので、それぞれの対策も可能となってくるのです。

顧客

まずは顧客について知らなくてはなりません。
顧客がいなければビジネスが成り立ちません。
商売をするときはまずは「どういったニーズがあるのか」ということについてや「顧客の年齢層」「顧客の行動原理」などを知っておくことが必要となります。

この顧客がいなければまったく意味がないので、商売の根底としてしっかり考えておきましょう。
ほかにも「一人当たりの消費」や「需要の変化」「時代の流れによって変わってくる思考」などについても考えておくことが必要となります。
なお、志向に関しては、「高級志向から一般志向への変化」なども見られるので、より顧客について研究することもできるようになっています。

会社

顧客について考えることができたら、次は会社について考えなくてはなりません。
会社が持っているシェアの広さについてや、組織の内容、経営方針や技術力など、様々な点について考える必要が出てきます。
ビジネスをするとき、会社について考えなくてはならないものもあるので、しっかり考えていくことが必要です。

競合

三つ目の3Cとしては競合相手について考えることがあります。
ネットビジネスなどに置いてはこれが非常に重要です。
なぜなら、アフィリエイトや誰でも始められる業界については競合が参入してくることも多いです。

そうなると価格を引き下げたり、より魅力的な商品を開発しなくてはならなくなるので、つねにこの考え方については的確な情報を持っておかなくてはなりません。
他企業が市場に参入してきて、自社のシェアを侵食していることや価格競争、技術力などでさらに変わってくるので、しっかり検討して常に変化していくことが必要となります。

3Cは比較的会社形態として活動するときの根本の考え方になるので、しっかり持っておきましょう。
それが未来に繋がるマーケティングとなるのです。